sitemap.xml・robots.txtの設定(Search Console)

Search Consoleの概要

Search Consoleとは、Googleのクロールや検索評価の確認ができるサイトオーナー用の無料ツールです。

アカウント未作成の場合は、Search Consoleでアカウントを作成してください。

≫Search Console

 

プロパティの追加

アカウント作成後、以下の手順で貴社ホームページのURLを登録します。

  1. 赤枠部分をクリックすると、現在のプロパティ一覧が表示されます。


  2. 「プロパティの追加」をクリックします。

    赤枠部分の[プロパティの追加]をクリックすると、「プロパティタイプの選択」という画面が表示されます。

  3. 「URLプレフィックス」でプロパティの追加を行います。

    URLを入力したら、[続行]をクリックします。

  4. その他の確認方法から「HTMLタグ」を選択します。


  5. メタタグをコピー〜貼り付けします。

    赤枠部分に表示されたメタタグをコピーしてください。次にブラウザの別ウインドウ(タブ)で貴社ホームページの管理メニューを開き、『HTMLの直接編集』を使用して、トップページ(index.html)の<head>〜</head>間に貼り付けて保存します。
    保存が完了したら「確認」を押します。

  6. 所有者確認の結果が表示されます。

    【注意】後日トップページを差し替えた場合には、メタタグは再度貼り付けが必要になります。メタタグはコピーを保存しておいてください。

URL検査

貴社ホームページのURLがGoogleに登録されているかどうかを確認します。

  1. メニューの[URL検査]をクリックして、赤枠に貴社ホームページのURLを入力します。

    入力後クリックすると、URL検査画面に変わります。

  2. インデックス登録をリクエストします。

    「URLがGoogleに登録されていません」となる場合は、赤枠の[インデックス登録をリクエストする]をクリックして、クロールのリクエストをします。

サイトマップの追加

貴社ホームページには、サイトマップ(sitemap.xml)が設置してあります。サイトマップの追加により、検索エンジンが各ページをクロールしやすくなるメリットがあります。

  1. メニューのサイトマップをクリックして、サイトマップ画面を表示します。
    「新しいサイトマップの追加」にサイトマップのURL(sitemap.xml)を入力して、送信をクリックします。


  2. 送信後、「送信されたサイトマップ」に表示されます。 表示のステータスが「成功しました」になっていれば、サイトマップの送信は完了です。
    サイトマップに記載されたすべてのページがGoogleにインデックスされるとは限りません。

サイトマップ(sitemap.xml)・robots.txt

サイトマップ(sitemap.xml)やrobots.txtは設置済みですので、そのままSearch Consoleで設定可能です。
  • sitemap.xmlやrobots.txtを編集したい場合は、管理メニューの「sitemap.xmlの設定・robots.txtの設定」で直接書き換えが可能です。
  • sitemap.xmlやrobots.txtの設定方法についてのサポートは行なっておりません。
  • sitemap.xmlやrobots.txtは検索結果に大きな影響を及ぼします。書き替える場合は自己責任で行なってください。

 


ご注意ください

  • Search ConsoleはGoogle社より提供されているサービスです。機能・表示内容はGoogle社に依存しており弊社は責任を負いかねます。
  • Search Consoleのレポート内容についてのご質問にはお答えできません。Search Consoleのヘルプなどをご参照ください。
  • メタタグの設置以外、Search Consoleについてのサポートは行なっておりません。