不動産hp.com製品(一括払いプラン)に関するご質問

不動産hp.comをご使用、またはご検討いただく上で参考となるQ&Aが多く掲載されています。

トップページ一括払いプラン>よくある質問(一括払いプラン)

よくある質問(一括払いプラン)

よくある質問

今までに頂いたご質問から

質問をクリックすると回答が表示されます。

基本的なご質問

パソコンがあまり得意ではないのですが、大丈夫でしょうか
「パソコンがあまり得意ではない」とおっしゃる方にも、無理なくお使いいただけるように考慮しておりますので、ご安心ください。ご質問等遠慮なくサポート宛にメールでお問い合わせください。
電話でのサポートがなく、メールサポートのみでは不安なのですが
メールでのサポートを原則としておりますが、お電話を拒絶するものではありません。
しかしながら、技術的なサポート(プログラムのカスタマイズやエラー等)の場合は、解決策や原因解明に時間を要する事が少なくないため、電話でお問い合わせいただいても即答は致しかねます。
当社からの回答手段についても、メールが確実です。メール内にファイルを添付してご確認いただいたり、メール内に記載したURLリンク先をご参照いただく事などが可能だからです。これらは繰り返し確認いただけますが、電話では聞き間違いなどで情報が正確に伝わらない恐れもあります。そのため回答はすべてメールとさせていただいております。
なるべく早めの返信を心がけておりますので、よろしくご理解のほどお願い申しあげます。
サポートの内容は料金プランで違うのですか
月々払いプラン、一括払いプランとも、サポート内容に基本的な違いはありません。
初期設定や各操作についてのご質問、動作不良などに関しては期限なく無料でサポートいたします。
カスタマイズ(変更等)のご要望に関しては個別に見積させて頂きます。

ドメイン・サーバ―に関するご質問

サーバーとは何ですか
サーバーは、HTML文書や画像などの情報(=ホームページ)を蓄積しておき、インターネットなどのネットワークを通じて、これらの情報(=ホームページ)を送信する役割を果たすものです。企業がホームページを公開する場合、ホスティングサービス(レンタルサーバー)を利用するケースがほとんどです。
ドメインとは何ですか
ドメインとは簡単にいうと、インターネット上の住所のようなものです。

●独自ドメイン http://www.貴社ドメイン/ 
独自ドメインは自分で決める事のできるドメインの事で、TLD(最後尾コード .comなど)を選択すれば、あとは好きな名前(文字)を付ける事ができます(ただし早い者勝ち)。
法人のホームページの場合、イメージや覚えやすさ、SEO面でも、独自ドメインでのホームページ運営は必須といえます。

●サブドメイン
サブドメインとはドメイン名の左側にもうひとつ名前(サブ)を付けて、そのドメイン名の下の階層の組織として管理することです。サーバー会社などから提供されるサブドメインは、自分のドメインではなく借り物のドメインです。企業のホームページであれば、信頼性・信用性の面で、サブドメインは使用すべきではありません。

独自ドメインを取得するにはどうしたらよいのですか
ドメイン取得代行業者に依頼してドメインを取得するようになります。ドメイン取得代行業者はご紹介いたします。ドメイン取得の手続きは難しい物ではなく、.comや.netなどのドメインはネット上で簡単に取得できます。
ただし、co.jpドメインについては書類の提出など手続きが面倒で、取得まで日数が掛かります。
独自ドメインを使わないまま所有していますが、一括払いプランで使用できますか
使用できます。レンタルサーバーをご契約いただき、貴社ドメインのDNS設定をそのサーバーの指定内容に変更してください。DNS設定とは、”当該ドメインで接続するサーバーを設定する”ことで、通常はドメイン管理者のホームページから設定できます。
レンタルサーバーを紹介してもらえますか
弊社ホームページ製品のアップロードが可能で、優良で安価なサーバーをご紹介可能です。 ホームページ公開中の場合でも、費用が割高なサーバーから変更するだけで、年間数万円の節約になるケースもあります。
≫おすすめサーバーはこちら
レンタルサーバーを申し込むにあたり、どれくらいの容量が必要ですか
容量を必要とするのはその大半が画像ファイルですが、100物件に18枚ずつ画像を掲載した場合で、約120MBとなります。あとは、通常のHTMLファイルやデータファイルの容量が必要です。また、メールの受信用の容量も必要ですが、このケースでは、サーバー容量としては1GBでも十分余裕があると思われます。
ただし、サーバー内の総ファイル容量が契約容量をオーバーしてしまうと、更新作業により物件データファイルが破損したり、新たなアップロードが拒否されてしまいます。この場合、メールサーバーがウェブサーバーと同じですと、メールの受信にも問題が発生します。
サーバーへのアップロードは自分で行なわなければなりませんか
サーバーへのアップロード(納品)は弊社にて行ないます。
アップロード費用は製品価格に含んでいます。(納品後に追加されたオプションやカスタマイズ分は別途有料となります)
ホームページのリニューアルを検討しています。現在のサーバーをそのまま使えますか。URLは変わりますか
お使いのサーバーのホームページで、CGI(自作)が使えるか(Perl5.0以上およびSendmailが使えるか)をご確認ください。
レンタルサーバーではこれらが使用できるケースがほとんどで、その場合はサーバーを変更する必要はありません。URLや独自ドメインを使用したEメールアドレスもそのまま使用できます。
なお、設置に関しては、弊社にてFTPを使用してサーバーにホームページの各ファイルをアップロードしますので、FTPログインのための情報(FTPサーバー名・FTPアカウント・パスワード)をご提示いただく必要があります。
他社のホームページのサービスで取得した独自ドメインは、一括払いプランで使用できますか
他社のホームページのサービスで取得された独自ドメインは、貴社所有ではなく「使用権」と思われます。使用権の場合は任意のサーバーにDNS設定(※)ができないので、当該ドメインを移管しなければ使用できません。(※DNS設定とは、当該ドメインで接続するサーバーを設定すること)
ドメインの移管にはドメイン管理者に、ドメイン移管手続きに必要な AuthCode(認証キー) を発行してもらう必要があります。なお、ドメイン移管は更新の前後で手続きできない期間があるので注意が必要です。ご不明な点はお問い合わせください。
サーバーを変更した場合、今の独自ドメインやEメールアドレスは使えますか
貴社が取得済みの独自ドメイン(URL)や、独自ドメインを使用したEメールアドレスは、サーバーを変更(乗り換え)した場合でも使えます。
なお、サーバーを変更する場合は、「DNS設定変更」が必要になります。DNS設定とは、貴社のドメインで接続するサーバーを設定することです。  

SSLに関するご質問

SSLとは何ですか
SSLとは、インターネットでの個人情報等のやり取りの際に、第三者に情報を覗かれたり盗まれたりしないよう、通信を暗号化する技術のことです。SSL対応ページのURLは https:// となり、暗号化に対応したページであることが認識できます。
独自SSLとは何ですか
独自SSLとは、https://www.貴社ドメイン/〜 のように、独自SSL対応ページのURLに貴社の独自ドメイン名が利用できます。資料請求や問い合せフォームなどで個人情報を取り扱う場合に、閲覧者に安心してサイトを利用してもらうことができますので、独自SSLの導入は大変効果的です。
常時SSL化とは何ですか
常時SSL化とは、資料請求や問い合せフォームだけでなく、ウェブサイトのすべてのページをSSL対応ページにて運用することを言います。独自SSLの場合は、すべてのページが https://www.貴社ドメイン/ 下で表示されることになります。
Googleは常時SSLを推奨しており、ウェブサイトが常時SSLかどうかを検索順位の決定要因にすると発表しました。スマートフォンの普及で公衆無線LANからの接続が増えたことでセキュリティリスクが高まり、対策がされていない場合は第三者の侵入を容易に許してしまいます。こうした接続環境の変化も常時SSLへの移行を推奨する理由となっています。いずれウェブサイトの常時SSL化は標準になると思われます。
常時SSL化するにはどうしたらいいのでしょうか
お使いのサーバーのホームページで、SSLに対応しているかどうかををご確認ください。
独自SSLの場合、「SSL証明書」が必要となりますが、一般的には有料で費用が掛かります。レンタルサーバーではこれらを別料金のオプションで取り扱っているケースが多く、内容はサーバー業者により異なります。
常時SSL化したらURLは変更しなければなりませんか
URLの頭は http:// から https:// に変わりますが、サーバーの設定でhttp:// から https:// に転送が可能ですので、変更しなくても問題ありません。
SSLについてサポートは受けられますか
SSLについては環境に関するものですので、サーバーのサポートにご相談ください。
なお、弊社ホームページ製品の一括払いプランでは、常時SSLについてのみ対応可能となっております。
また、サーバーがお決まりでない方には、弊社おすすめサーバーでご紹介の「エックスサーバー」をご利用いただく場合に限り、独自SSLについてサポートさせていただきます。

一括払いプランに関するご質問

初期費用以外に必要な費用は何ですか
一括払いプランの場合、初期費用以外には、独自ドメイン費用・サーバー費用が必要になります。ドメイン・サーバーに要する費用は低価格化が進み、年間経費としては安価です。
ドメイン・サーバー共に、安くて良い専門業者を選ぶことでコスト節約が可能です。
 ≫おすすめサーバーはこちら
初期費用(代金)支払方法はどのようになりますか
お申し込み後、弊社指定銀行口座にお振込いただきます。なお、クレジットカードはご利用いただけませんのでご了承願います。
月額費用は0円との事ですが、他に負担する費用などありますか
日常の変更はご自身でブラウザから行なっていただけますので、第三者(弊社)による管理は必要ありません。従いまして、一括払いプランの場合、管理費等名目に関わらず、弊社にお支払いいただく継続的な費用の負担は一切ありません。
月額費用0円で使用できるのは期限があるのですか
期限はありません。一括払いプランの場合、無期限にいつまででもご使用可能です。
ホームページをコピー使用、転売できますか
ご提供するホームページ製品は、弊社の著作物であり、約款に基づき、貴社に、ひとつのドメイン下において無期限の使用権を譲渡するものです。所有権、著作権、知的財産権等 は弊社に帰属します。貴社の責任において改良・変更されるのは自由ですが、コピーしたり第三者に転売、譲渡することはできません。
自分でページの内容等を変更、追加できるのでしょうか
formやCGIプログラムに関わらないWebページであれば、HTMLとFTPに関する基本的な知識をお持ちか、あるいはそれを補えるホームページ作成ソフトなどで変更可能と思われます。
ただし、一部のホームページ作成ソフト(ホームページビルダー等)では対応できず、勝手にHTML(特にformタグ関連等)を書き替えてしまい、動作エラーになることがあります。

なお、弊社おすすめは「Microsoft Expression Web 4」です。
ホームページビルダーのように勝手にHTMLを書き替えることはありません。
「Microsoft Expression Web 4」は、現在無料で入手可能です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/406307/


以上をご留意頂き、書き替え等をされる場合は自己責任にて行なってください。
複数のドメインで使用できますか
複数のドメイン下では使用できません。ひとつのドメインでのみ使用可能です。
データのバックアップのとり方を教えてください
オリジナルデータファイル型では、管理メニューの「物件データファイルバックアップ」のマニュアルをご参照ください。レインズ対応型では、管理メニューの「データファイル更新」のマニュアル内で、バックアップについてご説明しています。
なお、データの復旧にはFTPで、バックアップしたファイルをサーバーにアップロードしなければなりません。こちらのFTPマニュアルをご覧ください。サーバー内にあるファイル(データ)の万一の破損に備え、FTPを使用した定期的なバックアップをおすすめします。

機能に関するご質問

各機能を前もって試すことはできますか
全製品の動作サンプルをインターネットで公開しています。各製品のページから「動作サンプルを見る」というボタンをクリックしていただくと、それぞれの動作サンプルホームページを表示します。 物件検索は見本データにより実際に検索ができるようになっています。
なお、トップページにリンクがありますデモサイトでは、データファイル更新や物件更新等、各機能の管理画面にログインしていただけます。ぜひ、管理作業をお試しください。
1ヶ月無料の試用版ホームページについて教えてください
興味をもたれた製品を無料で1ヶ月間お試しいただけます。
貴社専用の試用ホームページをご用意いたしますので、物件更新・画像アップなど、管理作業を思う存分体験していただくことができます。
≫詳しくはこちら
物件データファイルの形式とは何ですか
物件データファイルとは、個々の物件の各データ項目を一括して記録するファイルのことです。
弊社製品の物件データファイル形式は以下のとおりです。
  • オリジナルデータファイル
    弊社作成のオリジナル形式です。レインズや他のシステムとの互換性はありません。物件は1件ずつ登録する必要があります。

  • 東日本・中部レインズ対応
    東日本・中部レインズIP型からダウンロードした物件データ(カンマ区切りテキストファイル=csvファイル)をそのままホームページに使用できます。

  • 西日本レインズ対応
    西日本レインズIP型からダウンロードした物件データ(カンマ区切りテキストファイル=csvファイル)をそのままホームページに使用できます。

※上記各々が専用プログラムによる独立した製品であり、互換性がなく後から変更できません。お申し込みいただく際にはくれぐれもご注意願います。
※レインズIP型からの物件データ(csvファイル)のダウンロード方法がご不明な場合は、管轄の流通機構にお問い合わせください。
レインズ対応型を使用した場合、レインズの安定稼働を妨げることになりますか
いいえ。
弊社ホームページ製品は、レインズ会員様(貴社)が、東日本・中部・西日本レインズIP型から正規の手続きでダウンロードされたCSVファイル(物件データ)を使用しますので、レインズの安定稼働を妨げることは一切ありません。
従いまして、レインズ利用ガイドラインに定められた「システム会社等が提供するレインズの利用に供するソフトの利用禁止」に関しては、弊社ホームページ製品は該当致しませんので、安心してお使いいただけます。
レインズ対応製品は、レインズ物件の取込みが自動でできるのですか
いいえ、自動で取り込みはできません。レインズIP型からダウンロードした物件データ(csvファイル)を貴社パソコンに保存した後、管理画面からサーバーにアップしてください。クリックだけでアップできますので、簡単です。(東日本・中部、西日本のみ)
近畿レインズでは、物件データ(csvファイル)のダウンロードができません。近畿レインズの物件ごとに「物件詳細」画面をコピーして、ホームページに登録(インポート)することが可能です。
レインズ対応製品は、レインズ物件の画像取込みができるのですか
いいえ、レインズの画像(物件概要書・間取り図・写真など)は取り込みできません。画像は別途ご用意いただいたものを掲載することは可能です。
レインズ対応型のメリット・デメリットは何ですか
レインズ対応型のメリットは、レインズからダウンロードしたデータファイルをそのままホームページに使用できますので、先物を中心に、大量の物件を毎日更新したいとお考えの方に向いています。(※レインズが定める会員間取引規程及びガイドライン等に基づいたご使用に限ります)
 
レインズ対応型のデメリットとしては、もともとレインズは一般公開を前提としていないため、データ項目が少ないことがあります。更に、東日本・中部レインズのcsvデータファイルは、物件登録時における全項目をカバーしていません。項目が抜粋されており、例えば 「設備・条件」「広告転載区分」などの項目は、レインズからダウンロードできるcsvデータファイルには含まれていません。当然ですが、csvデータファイルに無い項目は、ホームページでの表示や検索の対象にすることは不可能となります。
また、お客様向けに公開したくない情報が含まれていることもデメリットといえるでしょう。
レインズ対応型の「表示除外ワード設定機能」とは何ですか
レインズ対応型では、レインズからダウンロードしたデータファイルをそのままホームページに使用できますが、物元の業者が他社に対して”広告・インターネット掲載禁止”としているケースは多く、これを無視してレインズデータをホームページで使用するのはトラブルの元です。トラブルを防ぐには、レインズデータから特定の物件を抽出して削除しなければなりませんが、これは手間のかかる作業であり現実的ではありません。
弊社のレインズ対応型製品(東日本・中部、西日本のみ)では、この点を解決しました。
「除外ワード」を設定すると、物件ごとに全項目データを対象として検索を行い、その中に「除外ワードと同じ文字列」を含む物件は、検索結果(一般公開用)から除外します。
なお、この場合の除外ワードとは、「広告不可」などの備考欄に記載された文字列や、「○○不動産」などの物元業者名を特定する文字列が該当します。

※表示除外ワード設定機能により、レインズのガイドラインをクリアできるというものではありません。レインズデータは、レインズが定める会員間取引規定 ・ガイドラインに基づいてご使用ください。
レインズ対応型に「こだわり検索」を追加できますか
レインズデータ対応型に「こだわり検索」項目をカスタマイズで追加することは技術的には可能ですが、以下をご理解いただきたく存じます。
「こだわり検索」の項目はレインズデータには元々存在しないものです。仮に、「こだわり検索」の項目を追加したとしても、レインズのデータファイルをホームページにアップしただけでは、これらの項目は”空欄”、すなわちデータがない状態です。
この状態で「こだわり検索」の条件で検索すると、該当データがないため、検索結果の対象とならず「該当物件なし」となってしまいます。検索結果の対象とするには、物件管理画面で一物件ずつ「こだわり検索」の項目を設定しなければなりません。これは大変手間のかかる作業であり、レインズデータファイルを使用する以上、実用的とはいえません。 
更新はどうすればよいのですか
日々の物件の更新やトップページ内のお知らせの記事は、ブラウザでホームページ内の管理メニューから簡単に編集できます。
レインズ対応型については、データファイルを上書き、又は書き換えることでまとめて物件の更新が可能です。 
物件は何件ぐらい掲載できますか
プログラム上は無制限です。
ただし、データが多くなると、検索やデータの書き換えなどのときにプログラムの処理するプロセスが増えます。サーバーの負荷が増えることになり、一般にいう、「重い(反応が遅い)」「動作が不安定」などの状況になる可能性があります。 どの程度かは、実際に使用されるサーバーの環境(性能や回線速度など)により異なります。
通常ですと、ひとつのデータベースで500件〜1000件程度は快適に動作する範囲内と思われます。
なお、物件数増加により、データファイル容量や画像ファイルの容量も増えますので、サーバー容量内に収まるかどうかという問題もあります。
会社以外、たとえば自宅や出先などからでも物件登録できますか
物件登録やお知らせ記事などの管理は、インターネットを通じてブラウザから行ないますので、インターネット環境の整ったところでしたらどこからでも行なっていただけます。
物件登録作業は、複数のパソコンから同時作業は可能ですか
複数のパソコンから同時に、同じ物件データファイルの物件追加・削除・修正作業を行なうと、データ書き替えのタイミングが万一重なった場合、データファイルが破損してしまう可能性がありますので、おすすめできません。 なお、「戸建」と「マンション」のように、それぞれ異なる物件データファイルの場合は問題ありません。
物件登録は、ポータルサイトと連動可能ですか
ポータルサイトとの連動機能は備えておりません。
物件のデーターを残したまま、非公開にできますか
はい。個々の物件ごとに管理画面での簡単な操作で設定可能です。
賃貸など物件を反復して募集する場合などに便利です。
なお、レインズ対応型では、「○○不動産」など のワードを指定して、そのワードを含む物件全てを非公開にできる機能があります。(表示除外ワード設定機能)
動作サンプルにある各ページの内容(文章や画像)等は、そのまま使用可能なのですか
はい。テキスト(文章)については弊社が作成したもので、そのままご使用いただけます。
画像は弊社作成、又は著作権フリーの画像を使用しており、そのままご使用が可能です。 
特注でページや機能を追加してもらうことは可能でしょうか
はい。ご希望をお聞かせいただければお見積致します。  
物件の種類(売マンション、売家等の項目)は、簡単に増やすことができるのでしょうか
はい。管理画面から設定できます。
ただし、レインズ対応型については、レインズにて使用されている種類のみとなり、各製品ごとにあらかじめ設定しております。追加や変更はできません。
一物件につき画像はいくつ掲載できますか
18枚まで掲載できます。(バージョン8.0以降)
動画は掲載できますか
YouTubeにアップされた動画を、物件概要ページに掲載できます。(バージョン8.0以降)

お申し込みに関するご質問

申し込みからホームページが公開されるまで何日位かかりますか
費用(初期費用)の入金の確認してからホームページ制作作業を開始致しますが、通常は1週間程度でホームページ公開が可能です。
申し込みに必要なものは何でしょうか
ご用意いただくものをご参照願います。なお、お申し込みいただいた時点で”ご用意いただくもの”については改めてご連絡いたします。
不動産業を開業するのですが、宅建免許が下りてからホームページを作るのが良いのでしょうか
ホームページを作成しても、新しく立ち上げたばかりのサイトで、他のサイトから十分にリンクされていない状況では、検索ロボットから認知されず、クロールされにくくなります。掲載までに1ヶ月以上掛かることが珍しくありません。せっかくのホームページも、検索されなければ存在しないに等しく、他のサイトにリンクを張ってもらうか、URLを教えて打ち込んでもらう以外に、ホームページを見てもらう手段はありません。
 このような空白期間を作らないためには、宅地建物取引業免許が下りてからホームページを作るのでは遅く、余裕をもって完成させておくのが望ましいでしょう。 当然、免許が下りるまでは、物件を登録しても、「物件データはデータベーステスト用のものである」旨をトップページに表示して、広告ではないことを明らかにする必要があります。
(物件管理画面で、登録しておいて「非表示扱い」にすることも可能です)
なお、宅建免許番号や店舗の写真等は、管理メニュー画面で、後から変更・差し替えが可能となっています。
パンフレットはもらえますか
ご案内資料(pdf)を作成いたしました。こちらからダウンロードできます。郵送には対応しておりませんのでご了承ください。
打ち合わせにご来社いただけますか
地理的な遠近にかかわらず、ご相談やお見積等のご連絡は、基本的にEメールにてお願いしております。
弊社の製品は、不動産業者さま向けに一定の機能を有するホームページをなるべく安価にご提供することを目的とした規格品です。
そのため、通信販売の形態をとらせていただいております。
なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。
申し込みの方法がわかりません
お申し込みは、「一括払いプラン」のページからご希望の製品をお選びいただき、該当製品の詳細ページに移動してください。
次に、ページ内の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてお申し込み専用メールフォームに移動して頂きますようお願い致します。
オプションは後から付けることができますか
納品後でも、当該製品に付加可能なオプションについては追加で付けることができます。その場合、設置費用3,000円(税抜き)が別途必要になります。
ホームページ制作会社ですが、貴社製品を注文できますか
不動産業者様が、自らの不動産業務のためにホームページの公開を目的とする場合においてのみ、お申し込みいただけます。 ホームページ制作会社等への販売は行なっておりません。ご了承ください。

その他

SEO対策はされていますか
SEO対策については基礎的なものは取り入れていますが、検索結果やその順位に関するご要望はお受けできません。検索結果の順位はキーワードにもよりますし、検索エンジンのアルゴリズムに常時影響されます。

SEOに関してはこちらをご参照ください

なお、SEO対策に最も重要なトップページに関しては、HTMLを直接書き替えが可能です。ご自身でTITLEタグやMETAタグなどの変更を随時行なっていただけます。
方法は、管理メニューの各種設定から、テキストエディタで
ファイルの選択: トップページ書き替え【※HTML直接書き替え】
を選択していただくと、HTMLの直接書き替えが可能です。
なお、HTML直接書き替えに関しては自己責任で行なってください。
また、フリーページ(HYシリーズを除く)については、 SEO対策を考慮して作成していただければ効果的です。 

ホームページ上にメールアドレスを公開したらスパムメールが来ませんか
弊社では、ホームページ制作にあたり、メールアドレスの”エンティティ化”を行なっております。エンティティ化とは、簡単に言えばメールアドレスをHTMLソース上、特殊な文字列に置き換えることです。
ブラウザではメールアドレスとして正しく表示されますが、HTMLソース上ではメールアドレスと認識されにくくなり、ホームページ上のメールアドレスを収集するロボットには効果があります。
(※人の手による収集には対抗できません。)
なお、普通にホームページ上で公開されていたメールアドレスについては、既に取得されてしまっていることが多いため、後にエンティティ化しても効果は限定的です。


一括払いプラン

  • 初期費用は銀行振り込みとなります。
  • 設置条件にあったサーバー(下記参照)であれば指定はありません。

設置条件

対応OS
  • 弊社製品はWindowsOS、iOS、Android OS、主要ブラウザにて動作確認しています。
  • 旧バージョンの環境、および上記以外の環境では、一部の機能が動作しない場合があります。あらかじめご了承ください。

動作環境(設置可能なサーバー)
  • オリジナルCGI可能(Perl5以上)
    Perlとは、インタープリタ型のスクリプト言語です。インターネット上のCGIプログラミング言語として広く使われています。
    なお、MySQLは使用しませんので必要ありません。
  • Sendmail可能
    Sendmailとは、現在のインターネット上でメールを配送するための 最もメジャーなソフトウェアの1つです。CGIからメール送信するためにこのSendmailプログラムを利用します。
  • ≫おすすめサーバーはこちら

ドメイン・サーバーについて

割引制度

一括払いプラン「下取割」 「下取割」は、一括払いプランでバージョンアップ製品に”乗り換え”される場合の費用が大幅に割引になるサービスです。

 


ページの先頭へ