hpをスマートフォンで閲覧する時の問題点

知識の豊富なスタッフが、不動産会社様のご要望に合わせた
クオリティーの高いホームページを作成いたします。

トップページ>hpをスマートフォンで閲覧する時の問題点

hpをスマートフォンで閲覧する時の問題点

hpをスマートフォンで閲覧する時の問題点

幅広い世代で需要が高まり続けるスマートフォン。いつでもどこでも気軽にインターネットにアクセスでき、様々な情報の収集が可能になりました。この動きは不動産業界でも見られ、外出先から不動産情報をチェックする方が増えてきています。これからの時代、パソコンだけでなく、スマートフォン対応のhpも必須です。不動産サイトを作成・制作する際には、スマートフォンでのhp閲覧時の問題点を考えることもポイントです。

文字や画像が小さい・見づらい

文字や画像が小さい・見づらい

スマートフォンでもパソコン用サイトの閲覧は可能ですが、画面サイズの違いから文字や画像が小さく、見づらいと感じる方も少なくありません。近年、スマートフォンの画面サイズの大型化が見られるものの、やはりデスクトップやノートパソコンと比べると依然として差は大きいです。それぞれの端末の画面サイズに合わせ、スマートフォン用にサイトが最適化する対策が必要になってきます。


クリックの操作性

スマートフォンは画面をタップ操作、つまり指を使って操作します。他のページに移動する場合、リンクをタップすることになります。しかし、パソコン用サイトだとリンクが押しづらく、たくさん並んでいると違うリンクを押してしまうことも多いです。クリック操作が難しいhpはストレスが溜まりやすく、ユーザーから敬遠される可能性も高くなります。ピンチアウトせずともリンクがタップできることが、スマートフォン用サイトには求められます。


レスポンシブWebデザイン

上記の問題はスマートフォン専用のレイアウトを作成すれば解決できるのですが、最近では「レスポンシブWebデザイン」が主流で、GoogleではレスポンシブWebデザインを推奨しています。
レスポンシブWebデザインは、モニターの幅によってページのレイアウトが切り替わるため、パソコン・タブレット・スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したWebサイトを単一のHTMLで実現可能です。

弊社のホームページ製品は、すべてレスポンシブWebデザインを採用していますので、スマートフォン対策に特別なコストは不要です。不動産hp作成をご検討の際はお気軽にお問い合わせください。


次のページ集客アップするには
 


ページの先頭へ