メリハリのあるホームページ

知識の豊富なスタッフが、不動産会社様のご要望に合わせた
クオリティーの高いホームページを作成いたします。

トップページ>メリハリのあるホームページ

メリハリのあるホームページ

メリハリのあるホームページ

これから不動産業や宅建業を開業・独立予定の事業者にとって、ホームページは効果的な宣伝ツールと言えます。インターネットを使用することで地域を限定せず、日本全国からのアクセスが可能となりました。アクセス数のアップを目指す場合、ホームページのデザインが重要になってきます。こちらではメリハリのあるホームページデザインのポイントをご紹介します。

揃え方に統一性を持たせる

見出しや本文、画像などの位置がバラバラだと見づらく、ページ全体の統一感がなくなってしまいます。見やすく統一感のあるホームページにするためにも、揃え方のルールを決めておくことが大切です。揃え方はセンター揃えよりも、行のスタート位置が統一できる左揃えがおすすめです。また、掲載する内容で似たものがある時はグループ化し、まとめておくとグンと見やすくなります。


色の使い方を考える

色の使い方を考える

ページ全体に統一感を出すなら、色の使い方も重要になります。例えば何種類もの色をページに盛り込んでしまうと、統一感のないチープな印象になることがあります。また、印象を強めるのに効果的な原色は、使い過ぎると見栄えが悪くなる可能性がありますので注意が必要です。使用する色は2〜3色程度に絞り、広範囲の原色の使用を避けることが上手な色使いのポイントです。


1番目立たせたい要素は大胆に

集客を考える上で視認性は非常に重要なポイントです。ユーザーの視線を集め、印象を残すためには、まず1番目立たせたい要素を決めます。この目立たせたい要素を強調することで、他の要素との差別化が図れます。文字を少し大きくしたり、太くしたりではユーザーが受ける印象にあまり変化はありません。フォントや色を変える、立体的にする、線をつける、装飾するなど、1番目立たせたい要素は大胆なメリハリをつけましょう。


余白をとる

「余白=無駄なスペース」と考え、余白を埋めるためにたくさんの要素を詰め込んでしまうケースも多いです。しかし、余白はキャッチコピーや画像を引き立て、メリハリをつけるという大事な役割を持っています。余白が全くないホームページは、ゴチャゴチャしたマイナスの印象を与える可能性があります。

不動産業・宅建業のホームページ作成・制作をお考えの際は、弊社までお気軽にご相談ください。満足度の高い不動産ホームページ作成・制作をサポートいたします。 各製品の詳細はHP製品一覧でご覧いただけます。

次のページhpを活用して集客しよう
 


ページの先頭へ