不動産業を開業予定のかたへ

不動産業開業予定の方不動産ホームページドットコム
お気軽にお問い合わせください

トップページ>不動産業を開業予定のかたへ

不動産業を開業予定のかたへ

ホームページ作成はお早めに

ホームページ作成は宅地建物取引業免許が下りてから、とお考えでしたら、それでは遅いのです。
ホームページを作成しても、それがすぐ公開される訳ではありません。

免許申請の次はホームページ作成

まだ登録されてない!

ロボット型検索エンジン(google等)では、「サイトの登録」を申請してから登録されるまでに数週間から1ヶ月以上掛かることが珍しくありません。

当然ですが、登録されるまでは検索されません。ホームページは、検索されなければ存在しないのと同じです。あとは、他のサイトにリンクを張ってもらうか、URLを教えてブラウザに直接打ち込んでもらう以外に、貴社のホームページを見てもらう手段は無いのです。
このような空白期間を作らないために、不動産業(宅建業)を開業予定のかたには早めにお申し込みいただき、余裕をもってホームページのご準備をいただければと存じます。 免許が下りた日には、すでに貴社ホームページが検索エンジンに登録されている状態であれば理想的です。


独自ドメイン

ホームページ公開にはドメインが必要です。通常は、世界にひとつとなる、貴社専用の独自ドメインを取得して使用します。
独自ドメインが取得できれば、貴社ホームページのURL(http://独自ドメイン/)が決定します。
また、独自ドメインを含んだメールアドレスも利用できますので、名刺や封筒などの印刷物への応用が可能になります。

不動産ホームページドットコム<月々払いプラン>の場合は、お申し込みの際にご希望のドメイン(.com/.net/.org/.info/.biz/)をご記入ください。
不動産ホームページドットコム<一括払いプラン>の場合は、貴社にて直接ドメイン業者からドメインを取得してください。未定の場合はドメイン業者のご紹介も可能です。


メールアドレス

通常は、契約されているプロバイダーのメールアドレスやフリーメールを使用されていると思いますが、独自ドメインを取得すれば、独自ドメインを含んだメールアドレス(例:info@独自ドメイン)を使用することができます。(※使用にはサーバーの設定が必要です)

プロバイダーのメールアドレスやフリーメールよりも信用度が高く、将来、プロバイダーを変更することになっても、その影響を受けることなく使用し続けることができます。

(***@独自ドメイン)のように、@より前の***部分を任意に複数作成できますので、担当者別にメールアドレスを作成することも可能です。


間違いは命取り

URLやメールアドレスを間違えて伝えるかたが少なからずいらっしゃいます。そのほとんどはタイプミスによるものですが、間違えた当事者がなかなかそれに気がつかないことが問題です。
特にビジネスにおいては、表示されないホームページや、受信できないメールは致命的です。

URLやメールアドレスは、辞書ツールで「単語登録」しておけば間違えることはありません。また、メールソフトでは、送信者の「署名」を登録できますので、活用するようにしましょう。

 

開業前のホームページの対応方法

物件登録について

当然、免許が下りるまでは、物件を登録しても、「物件データはデータベーステスト用のものである」旨をトップページの「お知らせ」等に明記して、広告ではないことを明らかにする必要があります。
不動産ホームページドットコム製品は、登録済み物件を、管理画面で「非表示扱い」にすることも可能ですので、ご心配でしたらホームページでは物件をすべて非表示にできます。


免許番号・店舗の写真

不動産ホームページドットコム製品は、管理メニューから免許番号への書き替えが可能です。宅建免許番号の表示は、「申請中」にしておき、後で取得された免許番号に書き替えればよいでしょう。もちろん将来の免許番号更新もご自身で変更していただけます。
店舗の写真も、管理メニューからいつでも差し替えが可能となっています。

 

開業後のアドバイス

ホームページ公開はゴールではなくスタート

一歩一歩

ホームページは公開したら終わりではありません。むしろ大切なのはここからです。

昔から存在するドメインに比べて、新しいドメインはSEO的に不利といわれています。不動産ホームページドットコム製品をご利用のお客様からは、「ホームページを公開して半年位してから問い合わせが増えてきた」というお話を伺うことがあります。

公開当初はアクセス数も思ったほど伸びないかもしれませんが、それが普通なのです。情熱を絶やさずにホームページを育てていく気持ちで取り組んでいただければと思います。


ホームページは本気度が問われる時代

ホームページの有無が問われたのは過去の話、今はホームページの本気度が問われる時代となりました。かつては定説となっていた様々なSEOテクニックも現在ではそのほとんどが通用せず、結局のところ真面目にコンテンツを充実させるしかないことが明らかになってきました。
不動産業のホームページにおいては、物件情報の精度密度の向上はもちろん、企業ポリシーや顧客からの客観的な情報(お客様の声)、スタッフの人柄や親近感を感じてもらえるか、等が業績アップのための重要なファクターとなってくることでしょう。


不動産業を開業ご予定の方は、ぜひ弊社にお任せください。弊社では格安で不動産hpをスピード制作いたします。料金プランも月々払いプラン・一括払いプランから選べます。不動産用ホームページ専門なので安心です。

次のページメリハリのあるホームページ
 


ページの先頭へ